スタミナをつけるために

スタミナをつけるために

黒酢にんにくにはスタミナアップ効果もあります。
にんにくは言わずも知れたスタミナアップ食材ですが、黒酢にも疲労回復効果があり、
黒酢にんにくは元気になる食品だと言えます。
そんな黒酢にんにくをさらにスタミナが付く料理にアレンジします。

 

疲労回復効果アップのビタミンB1

にんにくに含まれるアリシンという成分は、疲労回復、食欲増進効果に長けた成分です。
このアリシンを上手く活用するためにはビタミンB1の力が必要。
ビタミンB1と結びつくことでさらにその効果を発揮します。
ビタミンB1は特に豚肉に多く含まれている成分。
豚肉を炒めたら黒酢にんにくと塩コショウでシンプルに味付け。
ご飯に乗せて食べてもマル。

 

タウリン豊富なタコの酢の物

タコにはタウリンがとても豊富に含まれています。
タウリンは牡蠣などにも多く含まれるスタミナ成分のひとつです。
そんなタコを使って酢の物を作ってみましょう。
合わせ調味料は黒酢と醤油と砂糖のみ。にんにくは細くせん切りにしておきましょう。
きゅうりは輪切りにして塩を振り、水気をしっかりと搾っておきます。
タコを約1p程度の輪切りにしたら、きゅうり、にんにく、合わせ調味料を入れ混ぜれば出来上がりです。

 

栄養満点の卵とニラを使って

卵にはビタミンC以外のすべての栄養素が含まれていると言われるほど、とても栄養豊富な食材です。
ニラにはカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどの抗酸化作用の高い成分が抱負に含まれており、
卵と一緒に食べることでその効果はアップ。
今回はチャーハンレシピにチャレンジ。作り方はとっても簡単。
にんにくは輪切りにし炒め香りが出たら卵、ご飯、ハム、ニラを加え炒めます。
オイスターソースと塩コショウ、香りづけの醤油を流し入れたら完成です。

 

関連:血液サラサラ効果を目指す